ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここから本文です

これからの「働き方」を考える

2011年10月11日

法政大学キャリアデザイン学部 4年 吉井 恵楠

今回のコラムは、東京都の子育て応援とうきょう会議と協働で「仕事と生活の調和を考える学生フォーラム」を開催した法政大学キャリアデザイン学部の武石教授とゼミ生の吉井さんに執筆してもらいました。

同ゼミ生が行った「ワーク・ライフ・バランスに関する大学生調査」によると、ワーク・ライフ・バランスについて「名前も内容も知らない」と回答した人の割合は41.1%、「名前も内容も知っている」は32.9%となっています。

ゼミのテーマは「これからの働き方」

私の所属する法政大学キャリアデザイン学部武石恵美子ゼミでは、これからの働き方を考察しています。主なテーマは個々人が自分の意思で働き方を選択するためにはどうすればよいかです。仕事と生活の調和を取るために、働く個人がどのように取り組んだらよいかを、大学生ならではの視点で模索しています。

このゼミを選んだ理由

私がこのゼミに入ったのは、武石先生の講義を1年間受けたことがきっかけでした。講義の中では、家事・育児の都合で専業主婦を選択せざるをえない女性が少なくないことや、家事などの無償労働はすべて女性の仕事と捉える男性が多いことが、データで明らかにされました。私はこの事実にとても驚きました。また、共に講義を受けていた友人たちが、「家事などの無償労働は女性の仕事」という考え方を当然のことと思っている様子に、疑問を抱きました。

私の両親は、父が正社員、母が非正規雇用のパートタイマーとして働いています。しかし家事は家族全員で、できる人ができることを行っています。父の仕事が休みの日は父が食事を用意し、洗い物をしていることがよくあります。私と兄弟も、自分のお弁当は自分で作りますし、家事全般がこなせます。私はこのような環境で育ったので、「家庭では女性が家事をするのが当たり前」という考え方が不思議でした。

そして、自分の将来を考えたとき、自分の望む将来と社会の状況とがかけ離れていることに問題意識を持ちました。私が望む将来は、結婚して子どもがいても働き続けることができ、責任を持って自分のやりたいことをやる、そのような人生です。家族は決してバラバラではなく、それぞれが個人として自律している、そのような家族関係を望んでいます。

理想の社会をつくるために

「家事労働は女性の仕事」と考えている人にとって、私の育った家庭や私の理想の将来は、ただの理想で理解を得られないかもしれません。他人の考え方を変えることは難しいということは理解しています。しかし、一人では他人や社会を変えることはできなくても、自分の周囲にいる人たちを巻き込み興味を持ってもらえれば、一緒に私の考える理想の社会に近づけていくことができると思いました。このような思いから、このゼミでワーク・ライフ・バランスを学んでいます。

学生フォーラムを開催

昨年度(2010年度)は、ゼミでの学びの一環として、大学生を対象にした仕事と生活の調和を考える学生フォーラム「私たちが変える働き方!」を開催しました。まだ社会に出ていない大学生を対象にしたのは、これから私たちが羽ばたいていく社会に対しての現実的なイメージと理想とのギャップを明らかにし、その上でこのギャップを減らして、自分らしく働くためには自分たちの努力と希望が必要であること、また、個人個人の行動次第で働き方を変えることができることを伝えたいと考えたからです。私は、このメッセージに加えて、「この会場に居る全ての人が、これまでの働き方では問題が多いと気付き、働き方を変えたいと思っている仲間たちである」と参加者に伝え、勇気づけたいと思い、運営に携わりました。

このフォーラムは、三部構成になっており、第一部は、株式会社東レ経営研究所特別顧問の佐々木常夫氏に基調講演を行っていただきました。第二部は、実際に自身のライフステージに応じて働き方を変え充実した人生を送っている、私たち大学生の将来のロールモデルとなるような社会人をお招きし、パネルディスカッションを行いました。それを踏まえ、グループに分かれて大学生と社会人で将来に対する不安、希望についてディスカッションを行いました。第三部では、私たち武石ゼミの(当時)3年生が、都内在学の大学生を対象にワーク・ライフ・バランスに対する意識をアンケート調査した結果を報告しました。また調査結果を元に、大学生のこれからの行動指針を「大学生版ワーク・ライフ・バランス憲章」として発表し、その内容について多くの方々の賛同を得ました。

学生のスピーチ

「当事者が増えれば常識が変わる」

少子高齢化や経済の停滞を受けて男女平等参画への追い風が吹いている現在、多くの会社が変化を求められ、社会が変わろうとしています。また、ゼミでは実際に新しい働き方を導入した企業を訪問し、働き方を変える活動を行ってきた方々からお話を聞かせて頂きました。

インタビュー調査の中で私が最も印象強く残った言葉があります。それは旭化成株式会社の方が仰っていた「当事者が増えれば常識が変わる」という言葉です。旭化成株式会社では男性の育児休暇を促進していますが、その取組は、取得する人が増えるほど、他の男性社員も育児休暇を取得しやすくなり、やがて女性も男性も育児休暇を取得するのが「常識」の企業風土となることを目指しています。そして、実際にこのような企業風土が生まれつつあります。

「当事者が増えれば常識が変わる」という言葉に私は、「男性も育児休暇を取得する」という考え方が、取得した人々の社外のネットワークに広がっていき、やがて社会全体の常識となってほしいという力強いメッセージと行動力を感じました。

ゼミでは、私は4人のチームで4社を訪問しました。他のチームが訪問した企業と合わせて、計13社の訪問結果を共有し、取りまとめた結果を、2011年2月2日に開催された東京都のワークライフバランスフェスタ東京2011で報告しました。インタビュー調査の結果、訪問した企業の多くが働き方を変えることで、男性・女性関係なく「育児」に参加できるような環境を整えることが今の取組の中心のように感じました。一方、取組が進んでいる企業では、労働時間短縮の取組や理由を問わず正社員のままで短時間労働ができる環境を整えるなど、育児や介護といった視点だけでなく「働き方改革」の視点から施策に取り組んでいました。

お互いを理解し努力する姿勢が働き方を変える

企業へのインタビューを通して深く印象に残ったことは、働き方を変えることに成功した企業では、トップが上から制度を押し付けたのではなく、トップとそこで働くすべての人々との理解と努力があって成功したと仰っていたことです。

お互いを理解し個人を大切にする姿勢で、社会全体が働き方を変えることに注力していけば、日本社会は個人の望む働き方を実現できる社会になるのではないでしょうか。

個人の在り方をそのまま認めることができ、個人が自分の働き方や生き方を選択することができる、優しい社会をつくりたいと私は願っています。そして私はその一端を担える人になりたいと考えています。

<プロフィール>
吉井 恵楠 氏
(法政大学キャリアデザイン学部 武石ゼミ 4年生)

法政大学キャリアデザイン学部武石ゼミで、「働き方」や「ワーク・ライフ・バランス」について勉強中。平成22年11月20日に子育て応援とうきょう会議と法政大学キャリアデザイン学部が協働して開催した「仕事と生活の調和を考える学生フォーラム」では、スタッフとして参加。

武石教授のコラムを読む

ご質問・ご意見
ここからフッターメニューです