ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここから本文です

大学生に向けたキャリアデザインコンテンツ

事業者団体からの応援メッセージ

「大学生に向けたキャリアデザインコンテンツ」に寄せて、事業者団体から応援メッセージをいただきました。

一般社団法人 日本経済団体連合会

東京都「大学生に向けたキャリアデザインコンテンツ」に寄せて

少子高齢化とグローバル化が進むこれからの社会では、多様な人々がそれぞれの能力を十分に発揮することが不可欠です。日本では従来、「男性は仕事、女性は家庭」という役割分担意識がありましたが、近年、共働き世帯が増加し、ライフスタイル、ワークスタイルの多様化が進みつつあります。

経団連も、女性も男性も、家庭や育児を大事にしながら仕事でも活躍できるよう、人々の意識や働き方を変えていく必要があると考えています。本コンテンツは、学生が社会に出る前に働くことの意義や働き方を考えるうえで大変意義深いものであり、経団連としても企業で活躍するロールモデルの講師派遣等に積極的に協力してまいります。

充実した人生を送るためには、「仕事」と「仕事以外の生活」のどちらか一方だけを選ぶものではなく、人生の各ステージにおける状況の変化を理解し、自らのキャリアデザインを描いたうえで、その時々の状況を受け入れつつ柔軟に対応していく必要があります。

学生の皆さんには、このコンテンツを通じて、仕事も家庭も含めたご自身の人生のグランドデザインを描く何らかのヒントを得ていただきたいと思います。そして、明るい希望と理想をもって社会に羽ばたいていただくことを期待しています。

                  中川 順子

一般社団法人 日本経済団体連合会
女性の活躍推進委員会 企画部会長
中川 順子

東京商工会議所

東京商工会議所では、合同会社説明会や企業と学校法人との就職情報交換会を開催し、大学生を始めとする学生の皆さんに就職情報やインターンシップ等の情報を提供しているほか、企業に対してはワーク・ライフ・バランスの推進に関するセミナー開催やリーフレットを作成・配付するなど、ワーク・ライフ・バランスに関する情報の発信に積極的に取組むと共に、国や東京都には推進企業に対する一層の支援拡充をお願いしています。

今後、急速な生産年齢人口の減少が見込まれる我が国においては、多様な人材が活躍できる社会の構築が大きな課題となっており、男女を問わず、働く意欲のある方がその個性や能力を発揮できるよう、社会も企業も一層の工夫をしていく必要があります。

ワーク・ライフ・バランスへの取組は、そのような課題を解決へと導く一つのきっかけとなるでしょう。ワーク・ライフ・バランスとは、経営者と従業員が働き方について価値観を共有することでもあります。特に経営者と従業員との結びつきが強い中小企業においては、優秀な人材により長く活躍してもらうために、仕事と家庭の両立支援に取組むことは大変重要であると考えます。

このような取組を推進するためには、個々の企業だけでなく、社会全体で取り組む意識改革が必要です。将来を支える大学生の皆さんと、東京都、企業が意識を共有し、ともに連携して社会全体の意識を変えるような積極的な取組を実施していきましょう。

   高野 秀夫

東京商工会議所
常務理事 高野 秀夫

東京経営者協会

創立70周年を迎えます東京経営者協会は、かねてより人材育成、キャリア教育支援に向けた産学の連携に取り組んでいます。

まず、「会員大学代表者との懇談会」では、様々な意見・情報を交換しています。また、「企業人による出前講義」(登録102社、160名)では、正課の年間授業にも活用頂いています。さらに、学生や教・職員を対象とした「働く現場見学会」や、インターンシップならびに就職・採用の担当者による「産学交流会」なども開催しています。あわせて、2003年より、東京都と共催でワーク・ライフ・バランス・シンポジウムを毎年秋に行っています。

こうした活動を通じて強調したいことは、ワーク・ライフ・バランスは様々なライフイベントなどによって個々人のキャリア形成が中断されることなく、継続して雇用・就業することを通じて生産性の向上とキャリアの維持・向上を図ろうとするものであることです。

当会としても、東京都の取り組みを支援するとともに、教育機関等関係者と連携して、わが国経済社会を牽引する首都東京の人材育成、キャリア教育の推進に取り組んで参ります。

川本 裕康

東京経営者協会
専務理事 川本 裕康

東京都中小企業団体中央会

少子高齢化やグローバル化の進展、価値観の多様化など、我が国の社会経済情勢は刻々と変化しています。こうした中、自らを取り巻く様々な変化に的確かつ柔軟に対応していくためには、自ら学び、考え、そして実践する自律性が求められます。

多くの学生の皆さんは卒業後、企業に就職することになると思いますが、職業生活においても結婚や出産、育児など様々なライフステージごとの変化が皆さんを待ち受けています。

ここでも、皆さん自身が働き方、暮らし方など社会の仕組みや変化をしっかりと理解し、自律的に考え、行動できる力-キャリアデザインの力を身につけることが不可欠です。こうした力は、エンプロイアビリティの向上にもつながります。

また、職業生活を通じて、仕事と生活をバランスよく両立することは、人生を豊かにするだけでなく、仕事に対する意欲と能力を引き出し、企業の生産性向上にも大きく貢献します。

こうしたことから、次代を担う学生の皆さんが、就職前の早い段階からキャリアデザインについて学び、考えることは大変有意義なことだと思います。

堀内 忠

東京都中小企業団体中央会
専務理事 堀内  忠

東京中小企業家同友会

私たち、東京中小企業家同友会は「人を生かす経営」を会の理念に掲げ、社員をパートナーと位置付け、経営革新に挑みつづける中小企業経営者の会です。

ワークライフバランス(以下WLB)の推進の主体は何か?を考えた時、私たちは行政や企業、私たちのような経済団体、又は働く人達の組織等が主体となると考えがちです。今回の東京都「大学生等に向けたキャリアデザインコンテンツ」はこの問題の最たる当事者ともいえる次代を担う若者たちにスポットをあて、自身のキャリア形成を主体的に考える基礎を醸成するという新しい境地を切り拓いた取り組みであるといえましょう。

これは物づくりとも共通しますがしっかりとした基礎の醸成なくして大きな目標に到達する事はできません。またあらゆる立場からの多面的な連携が加わることで取り組みの視野が広がり革新的な成果が生まれる可能性があります。WLBの推進は「働き方」という枠にとどまらず、豊かな社会の未来像を私たちがどう描いていくかという市民共通の課題です。

私たち企業経営者も大学生も行政も団体も、市民としてそれぞれの立場から同じゴールを目指していければその実現はより現実味のあるものとなるでしょう。

浜野 慶一

東京中小企業同友会
代表理事 浜野 慶一

ここからフッターメニューです